要約:日本人からのインドネシアのイメージ、それはバリとガムランとナシゴレンなのだが、1970年代に多数のプログレバンドが輩出されていたのを現地で知った。聴いてみると、かゆいところに手が届く渋いできとなっている。欧米や日本のプログレを聞き倒した方には、次のステップとしてインドネシアがオススメ?
公開日:
2016年5月4日第一稿公開

Harry Roesli (Indonesia, 1977) – Tiga Bendera

Giant Step (Indonesia, 1977) – Kukuh Nan Teguh

Guruh Gipsy (Indonesia, 1977)

Abbhama (Indonesia, 1978) – Alam Raya

Harry Sabar Friends (Indonesia, 1979) – Lentera

KEENAN NASUTION – “JAMRUD KHATULISTIWA” FROM “DI BATAS ANGAN-ANGAN” 1978

Lomba Cipta Lagu Remaja (Indonesia, 1978)

Benny Soebardja (Indonesia, 1977) – Gimme a Piece of Gut Rock

ffffffff ffff